MENU

ラブホテルでデリヘルを利用するノウハウ

大分の歓楽街「都町」の風俗は、ピンサロとセクキャバしかありません。その分デリヘルの質が高く、ジャンルとバリエーションも充実しています。大分の風俗管理人ぺヤングは、風俗がデリヘルだけでも満足ですよ。本番以外は何でもOKですからね。
大分別府風俗の本番について

 

それでは、大分都別府のデリヘルを3倍楽しむラブホテルの選び方を書いてみます。

 

初心者はイベントを利用すると便利で簡単

デリヘルには、風俗初心者が利用しやすい「地域限定割引」「ホテル込みプラン」があります。

 

地域限定割引とは

地域限定割引は、デリヘルの待機所から近く、女の子の送迎タイムロスが少ない地域の利用に限ります。大分市・別府市のデリヘルは歓楽街に待機所が多いから、限定地域は都町周辺になると思います。利用者としても、女の子の待ち時間が短いメリットがあります。割引率も高いですよ。

 

ホテル込みプランとは

通常コースの場合は、利用者がホテルを探さなければなりません。「ホテル込みプラン」は、デリヘルと提携しているホテルが多く、歓楽街エリアがメインになります。デリヘルとラブホテルは共栄共存!最強のタッグですよね。お店も安心して女の子を派遣できるし、利用者はホテルを選ばなくてもOKです。しかも、ホテル代込みだから割安になっちゃいます。

 

デリヘル店が教えてくれる大分県のラブホテルの選び方

 

派遣エリアのラブホテルがベスト

デリヘルのホームページをみると、無料派遣エリアと有料派遣エリアがあります。大分の風俗管理人としては「無料エリアのホテル」がお勧めですよ。有料エリアは遠いし、デリヘルの交通費と往復のタクシー代で「割高」になったこともあります。

 

外観よりも清潔感と装備

ラブホテルは昼間みるとボロイのに、夜になるとライトアップされてゴージャスに見えます。でもね、外観でホテルを選ばずに、掃除がいきとどいて清潔感のあるホテル!女の子の喜ぶ設備とアメニティーが充実しているホテル!がいいですよ。

 

女の子に合わせた部屋選び

個人的な意見かもしれないけど、私は女の子に合わせて部屋を選びます。18歳の体験入店嬢を呼んだ時は、白とピンクが可愛らしいお姫さまルームでした。キングサイズのベッドにジャグジーバス!バスボムを入れたら泡風呂になってしまいました。

 

26歳の新妻を呼んだ時は、ウッドを多用した落ち着きのある部屋を選びました。あのねぇ枕元にローターとバイブが置いてある部屋なんですよ。女の子のメッセージに「主人は出張中でひとり寝が淋しい!」って書いてあったから、大人のオモチャの使い方を教えちゃいました。

 

プレイに合わせた部屋選び

大分のラブホテルには、吊り革のある電車部屋黒板と机のある教室みたいな部屋天井や壁が総鏡張りの部屋手かせ足かせと拘束具のある部屋野外プレイが楽しめる露天風呂の部屋があります。プレイに合わせた部屋選びも楽しいですよ。

 

大分のラブホテルは会員がお得

大分の風俗管理人ぺヤングは、ラブホテル4軒の会員になっています。ホテルには一般料金と会員割引料金があります。会員になると10%ぐらい得しますよ。さらに、使って溜まるポイントカードを発行するホテルもあります。部屋のグレードアップで利用したり、浮いたお金でデリヘルのオプションも楽しめちゃいます。会員は部屋のネット予約ができるから便利ですよ。

 

ラブホテルにチェックインしたら

ラブホテルにチェックインしたら、予約しているデリヘルに「ホテルの名前と部屋番号」を伝えましょう。

 

例「夜8時に〇〇さんを予約した〇〇ですが、ホテル「Uno 末広倶楽部」の306号室にチェックインしました」でOKです。

 

プレイ時間を有効利用するために、お風呂のお湯を早めに張っておきましょう。